メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4本のツイート、100万円 京都市が吉本に施策PRで発信契約

「ミキ」の亜生さん(左)が昨年10月に発信したツイート=ツイッターから

 京都市が施策PRのため、1回につき50万円でタレントにツイッターで発信してもらう契約を吉本興業(大阪市中央区)と結んでいたことが判明した。昨年2回、計4本のツイートに100万円を支払ったが、広告主は市と明示されていなかった。市は情報発信の手法として「問題ない」としているが、宣伝であることを隠した「ステルスマーケティング」に当たるとの指摘があり、公金の使い方として適切かどうかも論議を呼びそうだ。

 市は昨年10月に開催した「京都国際映画祭」を機に、吉本興業(当時よしもとクリエイティブ・エージェンシー)と業務委託契約を締結。市によると、吉本側からツイッター発信も提案され、契約に盛り込んだという。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです