メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇、皇后両陛下 11月下旬に伊勢神宮など参拝 宮内庁発表

稲刈りをされる天皇陛下=皇居の水田で2019年9月19日午前11時40分ごろ(宮内庁提供)

 宮内庁は28日、天皇、皇后両陛下が11月下旬に三重県と京都・奈良両府県をそれぞれ訪問されると発表した。皇室の祖とされる天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る伊勢神宮(三重県伊勢市)や、初代天皇とされる神武天皇の陵(奈良県橿原市)などで、即位の礼や皇位継承に伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」を終えたことを報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨む。

 伊勢神宮は11月21~23日の日程で、外宮(22日)、内宮(23日)の順に参拝。この訪問では、皇位継承の証しとされる三種の神器のうち剣と璽(じ)(まが玉)を携えていく「剣璽動座」を行う。いったん帰京した後、26日には奈良県橿原市に入り、27日に神武天皇陵と、京都市の孝明天皇陵に拝礼。28日は同市の明治天皇陵で儀式に臨んだ後、京都御所で関西の各界代表者らを招いた茶会も催し、同日中に帰京する。

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです