メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紅白歌合戦 総合司会の内村さん「令和最初、印象に残る紅白に」 司会者3人会見

(左から)綾瀬はるかさん、内村光良さん、桜井翔さん=東京・渋谷のNHK放送センターで、2019年10月28日午後、屋代尚則撮影

 大みそかに放送される第70回NHK紅白歌合戦で総合司会を務めるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さん、紅組司会を務める女優の綾瀬はるかさん、白組司会を務める人気グループ「嵐」の桜井翔さんが28日、東京都渋谷区のNHK放送センターで記者会見した。3年連続の総合司会となる内村さんは「令和最初の、こんな紅白だったなと印象に残る紅白にしたい」と抱負を述べた。

 綾瀬さんの紅組司会は4年ぶり3回目。「アーティストの皆さんが気持ちよく歌ってもらえるよう務めたい。歌の感動をお茶の間にとどけたい」。桜井さんは過去に白組司会を「嵐」の5人で務めていて、単独司会は昨年に続いて2回目になる。「平成最後と令和最初の大役に、身が引き締まる思い。明るく楽しく華やかに、令和一発目の紅白を盛り上げられるよう精いっぱい務めたい」と述べた。3年連続の総合司会となる内村さんは「今年…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  3. 電通が本社勤務の5000人を在宅勤務に 50代社員の新型コロナ感染で 最低2週間

  4. イタリア感染拡大で「空気」一変、世界同時株安に 過去の経済危機と違う「感染症独特の難しさ」

  5. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです