八千草薫さん死去、88歳 映画やドラマで活躍 「岸辺のアルバム」も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
八千草薫さん
八千草薫さん

 宝塚歌劇出身で映画、舞台、テレビで活躍した女優、八千草薫(やちぐさ・かおる、本名・谷口瞳=たにぐち・ひとみ)さんが24日、膵臓(すいぞう)がんのため死去した。88歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は非公表。

 大阪市出身。高校を中退して1947年、宝塚歌劇団に入団。敗戦後の荒廃を目の当たりにし、華やかで色彩の豊かな世界を志したという。花組に配属され、52年「源氏物語」で大役を務め、無邪気でかれんな娘役のスターとなる。在団中から映画「宮本武蔵」3部作や「蝶々夫人」などに出演した。

 57年に宝塚を退団し、映画のほか舞台やテレビでも活躍した。映画では「ガス人間第一号」(60年)、「こんにちは赤ちゃん」(64年)、「美しさと哀しみと」(65年)、「ハチ公物語」(87年)、「阿修羅のごとく」(2003年)、「くじけないで」(13年)、「ゆずり葉の頃」(15年)などコンスタントに出演。03年の毎日映画コンクール田中絹代賞を受賞したほか、09年「ディア・ドクター」で同コンクール女優助…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文665文字)

あわせて読みたい

注目の特集