連載

にほんでいきる

労働力不足から外国人受け入れを広げる日本。ですが、その子どもたちの権利は十分に守られていません。解決の糸口は。

連載一覧

にほんでいきる

外国籍の子就学不明 年度末までに文科省へ具体策提言 有識者会議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
文部科学省=東京都千代田区で2018年7月、長谷川直亮撮影
文部科学省=東京都千代田区で2018年7月、長谷川直亮撮影

 文部科学省の調査で、外国籍の子ども約2万2000人が小中学校に通っているかどうか分からない「就学不明」になっていることが判明した問題で、同省の有識者会議は28日、今年度末までに問題解決につながる中長期的な具体策を「アクションプラン」に盛り込み、文科省に提出する方針を示した。

 日本人の場合、保護者が子に教育を受けさせる「就学義務」が憲法などで定められているが、外国人には…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集