はやぶさ2 小惑星リュウグウで最終任務終了 地球帰還に向け年内出発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小惑星探査機「はやぶさ2」が撮影した小型ロボット投下直後の連続写真=JAXA、東北大など提供
小惑星探査機「はやぶさ2」が撮影した小型ロボット投下直後の連続写真=JAXA、東北大など提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、探査機「はやぶさ2」が、東北大など5大学によって共同開発された小型ロボットを小惑星リュウグウへ着地させることに成功したと発表した。また、自身の着陸時の目印に使うボール状の「ターゲットマーカー」を使った実験にも成功し、現地での主要ミッションを終えた。

 これらの実験によって、小惑星の密度や内…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文413文字)

あわせて読みたい

注目の特集