メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大通公園発着有力 北海道マラソンコース基本に 五輪競技札幌移転で

北海道マラソンで1位でフィニッシュする鈴木亜由子=札幌市中央区で2018年8月26日、貝塚太一撮影

 国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪の暑さ対策として発表したマラソンコースの札幌市への移転で、大会組織委員会は市中心部の大通公園(中央区)を発着点とする方向で検討している。コースも大通公園を発着点に毎年8月に開催される北海道マラソンを基本とする方針だ。大会関係者への取材で明らかになった。

 関係者によると、同じく移転が発表された競歩もマラソンコースの一部を使う計画で、30日から東京都内で始まるIOCなどとの調整委員会で協議を進める。

 IOCは当初、五輪のマラソンの発着点としてチケット収入が見込めるサッカー会場の札幌ドーム(豊平区)…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです