外国人労働者は本当に人手不足解消の決め手なのか? 「特定技能」半年、見えぬ効果

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 外国人労働者の受け入れ拡大に向け、在留資格「特定技能」が創設されてから半年が過ぎた。昨年の国会審議で受けた「拙速」との指摘通り、今のところ新資格の取得者数は伸び悩む。人手不足が深刻な地方からは不満も漏れる中、整備が急ピッチで進む。【村上尊一、金子淳】

手続きに時間、実施されぬ試験…取得わずか616人

 9月18日、「特定技能」を取得したインドネシア人のビマ・アジ・ヌグロホさん(26)が羽田空港に降り立った。1年7カ月ぶりの日本。受け入れ企業の従業員を見つけると、笑みがこぼれた。「もう一度、日本に来られてうれしい。また頑張ります」

 ビマさんは2015年、技能実習生として来日した。埼玉県上尾市の井上鉄工所で、100分の1ミリ単位の精度が求められる金属部品加工に励んだ。給与は母国の約2倍。日本のものづくりを学び、社員旅行などで日本人との交流も深めた。

この記事は有料記事です。

残り2713文字(全文3089文字)

あわせて読みたい

ニュース特集