メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀県HPの不具合多発 知事、抜本的見直しは当面せず

滋賀県議会決算特別委員会で県のホームページをめぐる質問に答える三日月大造知事=大津市京町4の県庁議員室で2019年10月28日午後2時28分、成松秋穂撮影

 3月末にリニューアルされた滋賀県のホームページ(HP)で不具合が多発している問題で、三日月大造知事は28日、抜本的な見直しは当面実施しない方針を示した。県のHPを巡っては、複数の専門家が設計(情報設計)に根本的な欠陥がある疑いを指摘。県は県民を対象にした座談会を開くなど、改善に向けて県民からの意見を募集するなどしていた。

 県議会決算特別委員会で、角田航也県議(チームしが)の質問に答えた。角田県議は「リニューアル当初の問題が解決されないまま、数カ月間トラブルが発生し続けている。一刻も早い解決が求められる」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです