メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

亡き先輩とともにキリマンジャロへ 那須雪崩3カ月前の約束 遺品携え29日出発

浅井譲さん=遺族提供

 卒業したらキリマンジャロに登ろう――。栃木県那須町で2017年3月、県立大田原高校の生徒ら8人が死亡した雪崩事故で犠牲になった先輩との約束を果たすため、元同校山岳部部長、三輪浦淳和(みわうらじゅんな)さん(19)=同県大田原市=が今月29日、アフリカ最高峰のキリマンジャロ(タンザニア、5895メートル)に向けて出発する。現地には先輩の遺品を持参し、一緒に登頂を目指すつもりだ。

 約束を交わしたのは事故の約3カ月前、山岳部で日光白根山(栃木県日光市)に登った時のことだ。当時1年だった三輪浦さんは夜、1学年先輩の浅井譲さん、鏑木悠輔さんと3人で同じテントに泊まった。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  2. 「末期症状」安倍政権に大打撃 黒川氏スキャンダル 検察も「出直し」

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 秘密裏の法解釈変更許すのか 検察庁法巡り「周知必要ない」という政府の国会軽視

  5. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです