メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

引退危機越え 東京パラリンピック「そろそろ来るな」車いすテニス・国枝 目に宿る闘志

インタビューに答える車いすテニスの国枝慎吾選手=東京都港区で2019年10月28日、内藤絵美撮影

 東京パラリンピックで5大会連続出場となる車いすテニスの国枝慎吾選手(35)=ユニクロ=が28日、東京都内で毎日新聞のインタビューに応じた。男子シングルスで過去2度の優勝を誇るが、東京への道のりは険しかった。古傷の右肘の痛みが増して一時は現役引退も考えた。だが踏ん張り続け、30日で開幕まで300日。「『そろそろ来るな』と思いながら生活している。今大会は競技の魅力を広める最大のチャンス」と胸を高鳴らせる。

 3連覇を狙った前回リオデジャネイロ大会は準々決勝敗退。直前に右肘の手術に踏み切り、最後まで状態が上向かなかった。大会後、小学6年からの競技生活で初めてコートを離れ、3カ月休養。コートに戻り、再び痛みを感じた時は「もう終わったな」と思った。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです