メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 古川健さん 史実踏まえ、面白く“うそ”

古川健著「治天ノ君 追憶のアリラン」=内藤絵美撮影

 ■治天ノ君/追憶のアリラン 古川健(ふるかわ・たけし)さん ハヤカワ演劇文庫・1320円

 あさま山荘事件や第二次世界大戦、東西冷戦など歴史を題材に、骨太な人間ドラマを紡ぐ。劇団チョコレートケーキの座付きであり、他団体への書き下ろしも少なくない。上演が常に話題を呼ぶ注目の劇作家である。「もともと演劇がやりたかった。戯曲は演出家やスタッフ、俳優で作り上げる世界の一部と思っています」と話す。

 初の戯曲集は近現代史もの2編を収めた。2013年初演の「治天ノ君」は、激動の明治と昭和に挟まれた大…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです