メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎキャンパる

地域の魅力をつなぐ 情報誌「monmiya」編集長 花塚理恵さん /栃木

タウン情報が満載のmonmiyaを手にする花塚さん。9月号はカレー特集=新朝プレス前で

 栃木県内には、フリーペーパーや書店販売などいくつかのタウン誌が存在する。そんな中で、生活情報はもちろん、「栃木県の魅力を伝え、楽しんでもらう」という、衣食住のジャンルを超えたタウン情報誌として若者を中心に人気を博しているのが、「monmiya(もんみや)」(新朝プレス)だ。今年創刊43年目を迎えた同誌編集長の花塚理恵さん(38)に、誌面づくりの狙いを聞いた。【宇都宮大地域デザイン科学部・岩木れん、篠原紬】

この記事は有料記事です。

残り2504文字(全文2709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです