メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「立憲の調整不足」 統一候補擁立 野党側が敗因総括 参院選 /群馬

 今夏の参院選で群馬選挙区に統一候補を擁立した立憲民主、国民民主の両党県連と連合群馬などが28日、前橋市内で選挙の総括会議を開いた。主な敗因を、選挙を主導した立憲側の「調整能力不足」と分析したが、24年ぶりに同日選となった知事選に候補者を立てなかったことへの言及はなかったという。県内の主な選挙での「自民1強」が強まる中で、野党の反転のきっかけとなる総括となったかは微妙だ。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです