メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨年度、県立4病院 医療事故が半減 「安全に対する意識浸透」 /群馬

 県病院局は、県立4病院で2018年度にあった医療事故が17年度に比べて半減したと発表した。重大事故につながりかねない「ヒヤリ・ハット事例」は4906件で、17年度比15%減だった。積極的な報告指示で大幅に増えた17年度の反動減とみられる。医療事故の半減について、担当者は「医療安全に対する意識が浸透してきたのではないか」と話している。

 4病院は、心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センター。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです