メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

丹沢湖開催を断念 来月2日県大会、小田原に変更 台風19号被害受け /神奈川

[PR]

 県高体連は28日、11月2日の男子第72回、女子第36回県高校駅伝競走大会(県高体連、神奈川陸上競技協会など主催、毎日新聞社など後援)を山北町の丹沢湖周回コースで実施することを断念した。台風19号の被害が残り、選手らの安全が確保できないと判断した。同じ日に小田原市の城山陸上競技場で競技方法を変更して実施する。

 県高体連が28日に現地を視察したところ、路面はほぼ復旧し、ガードレールの補修も進んでいたが、斜面の崩落が懸念される場所が複数あった。斜面の整備が完了するめどは立っていないという。県高体連陸上競技専門部は「選手、役員、応援の保護者らの命にかかわる。安全を最優先し、苦渋の決断をした」と説明した。

 今回は、男子は7人、女子は5人の選手が城山競技場のトラックを周回し、総合タイムを競う。男子は10キロ、3キロ、8キロ、8キロ、3キロ、5キロ、5キロの7区間計42キロ。女子は6キロ、4キロ、3キロ、3キロ、5キロの5区間計21キロ。【洪玟香】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 新システム稼働したのに…都内なおファクス報告 コロナ感染、進まぬ情報共有

  4. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです