メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新聞記者、銃をとる

新米猟師奮闘記/22 豚コレラの拡散防ぐには /滋賀

作画=マメイケダ

 11月1日から今年のイノシシ、シカ猟が解禁となる。ハンターにとっては、待ちに待ったシーズンの到来である。食通にとってはいよいよジビエのシーズン・インとなる。

 ハンターの中にはすでにあちこちの野山をうろつき、今シーズンのイノシシやシカの出没頻度や、どの場所から山裾の方に出てきているか、はたまた足跡の鑑定をもとに頭数はどれくらいか、などと事前調査をしている人もいる。ベテラン猟師によると、今年は「(山裾の草や木の根などを)よく食(は)んでいる」そうだ。昨年は山の中でドングリなどの実りが多く、山裾に出てくる頭数が比較的少なかったそうだから、今年はその逆で里近くへの出没が多いのかもしれない。捕れるかどうかは別として、私もなんだかうれしくなってくる。

 ところが、そんな最中、大問題が発生した。私が狩猟をしている多賀町で9月13日に見つかったイノシシの…

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです