メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新聞記者、銃をとる

新米猟師奮闘記/22 豚コレラの拡散防ぐには /滋賀

作画=マメイケダ

 11月1日から今年のイノシシ、シカ猟が解禁となる。ハンターにとっては、待ちに待ったシーズンの到来である。食通にとってはいよいよジビエのシーズン・インとなる。

 ハンターの中にはすでにあちこちの野山をうろつき、今シーズンのイノシシやシカの出没頻度や、どの場所から山裾の方に出てきているか、はたまた足跡の鑑定をもとに頭数はどれくらいか、などと事前調査をしている人もいる。ベテラン猟師によると、今年は「(山裾の草や木の根などを)よく食(は)んでいる」そうだ。昨年は山の中でドングリなどの実りが多く、山裾に出てくる頭数が比較的少なかったそうだから、今年はその逆で里近くへの出没が多いのかもしれない。捕れるかどうかは別として、私もなんだかうれしくなってくる。

 ところが、そんな最中、大問題が発生した。私が狩猟をしている多賀町で9月13日に見つかったイノシシの死体から、豚コレラの陽性反応が出たのである。豚コレラは家畜伝染病の一つで人間には感染しないが、イノシシを媒介して豚に移る。養豚場に伝染したら、目もあてられない。数千頭単位で、すべて殺処分しなくてはならない。県内では多賀町で見つかっただけだが、それより東の岐阜県、福井県、愛知県などでも見つかっているの…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです