メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和森林物語

/49 幻の生きものたち/2 日本最大、未知のミミズ2種 /奈良

 奈良県に未知の日本最大のミミズがいるかもしれない。それも2種類も。名前は捕獲された場所を冠して、仮に「トツカワオオミミズ」と「オオトウオオミミズ」と付けられている。

 まず1977年8月に十津川村杉清で捕獲されたのが、長さ45センチの大物だ。この標本は森林の地中動物について研究している渡辺弘之・京都大名誉教授のところに持ち込まれたが、正体はわからずじまいだった。

 渡辺さんは、その後奈良教育大で講義を担当することがあり、このミミズの話を学生にしていた。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです