メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画「ハルカの陶」北区で公開 備前焼の魅力満載 奈緒さんら舞台あいさつ /岡山

伊原木隆太県知事(右)から花束を受け取った主演の奈緒さん=イオンモール岡山で、戸田紗友莉撮影

 備前焼をテーマにした映画「ハルカの陶」の先行公開が25日から岡山市北区のイオンシネマ岡山で始まり、同日、主演の奈緒さん(24)らが登壇して舞台あいさつが行われた。映画初主演の奈緒さんは「備前焼の魅力が伝わる1本になった。猪突猛進なはるかの強さはどんな人の中にもあるもの。何か頑張らないといけない時にはるかの姿を思い出してもらえたら」と話した。

 「ハルカの陶」は『週刊漫画TIMES』(芳文社)で連載された同名のコミックを原作に映画化。東京で会社員をしていた主人公の「小山はるか」が、偶然目にした備前焼の大皿に心を奪われて職人に弟子入りし、ぶつかりながらも備前焼作家を目指す物語。ロケはほぼ全て備前市で行われ、実際の工房や窯で撮影したという。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. 千葉・東庄の障害者施設 58人の集団感染 利用者26人、職員32人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです