メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

産医大教授「逆パワハラ」 大学や准教授ら6人を提訴 地裁小倉 /福岡

 産業医科大(八幡西区)医学部の50代男性教授が、大学側の不当な懲戒処分があり、それをきっかけに部下の医師らから「逆パワハラ」を受けてうつ病になったなどとして、大学や准教授ら計6人を相手取り、懲戒処分の無効確認や損害賠償計約1100万円の支払いを求めて地裁小倉支部に提訴していたことが分かった。提訴は8月30日付。

 訴状によると昨年7月、教授が大学に提出する時間外勤務の報告書で、誤って部下の残業を自分の分として出…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです