メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

パラリンピック300日前 引退の危機、乗り越え 車いすテニス・国枝慎吾選手

インタビューに答える車いすテニスの国枝慎吾選手=東京都港区で2019年10月28日、内藤絵美撮影

 東京パラリンピックで5大会連続出場となる車いすテニスの国枝慎吾選手(35)=ユニクロ=が28日、東京都内で毎日新聞のインタビューに応じた。男子シングルスで過去2度の優勝を誇るが、東京への道のりは険しかった。古傷の右肘の痛みが増して一時は現役引退も考えた。だが踏ん張り続け、30日で開幕まで300日。「『そろそろ来るな』と思いながら生活している。今大会は競技の魅力を広める最大のチャンス」と胸を高鳴らせる。

 3連覇を狙った前回リオデジャネイロ大会は準々決勝敗退。直前に右肘の手術に踏み切り、最後まで状態が上向かなかった。大会後、小学6年からの競技生活で初めてコートを離れ、3カ月休養。コートに戻り、再び痛みを感じた時は「もう終わったな」と思った。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  4. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです