メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

ザンビアで日本流妊婦支援

ザンビアで妊婦に配られているマタニティーマーク(左下)と妊婦健診カード

 アフリカ南部のザンビアで、妊婦が身につける「マタニティーマーク」の配布が今年から始まった。仕掛けたのは京都光華女子大の講師、森久美子さん(60)。妊娠中であることを周囲に知らせるのが主な目的の日本と異なり、妊婦に早期の健診を促すのが狙いだ。かわいらしいデザインが好評で、森さんは「妊婦が家族や社会から大切にされるべき存在だと伝えたい」と意気込む。

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  3. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 京都成章6大会連続の花園 京都工学院降しV 高校ラグビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです