メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

ザンビアで日本流妊婦支援

ザンビアで妊婦に配られているマタニティーマーク(左下)と妊婦健診カード

 アフリカ南部のザンビアで、妊婦が身につける「マタニティーマーク」の配布が今年から始まった。仕掛けたのは京都光華女子大の講師、森久美子さん(60)。妊娠中であることを周囲に知らせるのが主な目的の日本と異なり、妊婦に早期の健診を促すのが狙いだ。かわいらしいデザインが好評で、森さんは「妊婦が家族や社会から大切にされるべき存在だと伝えたい」と意気込む。

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです