メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲九州場所 番付発表 13年ぶり小結4人 朝乃山ら

 大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)の新番付が28日、発表され、新三役の小結・朝乃山は福岡市の高砂部屋宿舎で記者会見し、「上がれたことを自信に変えていきたい」と喜んだ。小結にはほかに、秋場所で勝ち越した阿炎と遠藤、4場所ぶりに三役に復帰した北勝富士が名を連ねた。小結4人は2006年九州場所での稀勢の里、黒海、安美錦、露鵬以来、13年ぶり。

 大関に復帰した23歳の貴景勝を先頭に、秋場所優勝の関脇・御嶽海ら中堅・若手の出世争いは激しくなる。25歳の朝乃山にとっては、夏場所で初優勝するなど飛躍を遂げた年を締めくくる場所。同じ富山県出身で、米プロバスケットボールNBAでデビューしたウィザーズ・八村塁の活躍も刺激になると言う。「勝ち越し、2桁勝利を目指して頑張りたい」と目標を述べた。【村社拓信】

この記事は有料記事です。

残り1796文字(全文2152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 「学長人事にも適用されかねない」 苅部直氏が指摘する任命拒否の「最大の問題」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです