メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

果断猛進

組織力VS個人能力=薫田真広

 27日の準決勝、南アフリカ―ウェールズ戦は、派手さはなかったがクオリティーの高い好ゲームとなった。勝負を分けたのは、南アフリカの選手層の厚さと、やろうとしたことの一貫性だった。

 26日の準決勝、イングランド―ニュージーランド戦を見ても感じたことだが、ワールドカップ(W杯)自体が「強いチーム」より「その日強いチーム」が勝つ大会になりつつある。勝負に向けてどんな準備をしてきたかが大事になる。南アフリカはこの試合に照準を合わせ、自分たちの強みを最大限に発揮した。試合中にFWを6人交代させてフレッシュさを保つなど、「世界一」と称されるフィジカルの強さを生かした。最後はセットピースで勝って試合を決めた。

 ウェールズも当然この試合に向けて準備を重ねてきたが、大会中のけが人が多すぎたのが誤算だった。それで…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです