メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

八千草薫さん 88歳=元宝塚・女優

「岸辺のアルバム」

 宝塚歌劇出身で映画、舞台、テレビで活躍した女優、八千草薫(やちぐさ・かおる、本名・谷口瞳=たにぐち・ひとみ)さんが24日、膵臓(すいぞう)がんのため死去した。88歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は非公表。

 大阪市出身。高校を中退して1947年、宝塚歌劇団に入団。敗戦後の荒廃を目の当たりにし、華やかで色彩の豊かな世界を志したという。花組に配属され、52年「源氏物語」で大役を務め、無邪気でかれんな娘役のスターとなる。在団中から映画「宮本武蔵」3部作や「蝶々夫人」などに出演した。

 57年に宝塚を退団し、映画のほか舞台やテレビでも活躍した。映画では「ガス人間第一号」(60年)、「こんにちは赤ちゃん」(64年)、「美しさと哀しみと」(65年)、「阿修羅のごとく」(2003年)、「ゆずり葉の頃」(15年)などコンスタントに出演。03年の毎日映画コンクール田中絹代賞を受賞したほか、09年「ディア・ドクター」で同コンクール女優助演賞を受賞した。ドラマも「二十四の瞳」「岸辺のアルバム…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです