メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア新憲法起草委、30日開催 政権側も反体制派も参加 ロシアなど主導

シリアとトルコの国境付近をパトロールするロシア軍=シリア北部で25日、AP

 シリア内戦の終結を目指して新憲法を起草し、選挙の実施を目指す「シリア憲法起草委員会」が30日、スイスのジュネーブで開かれる。シリア北部でトルコがクルド人勢力を攻撃し停戦が成立するなど情勢が急転する中、起草委にはアサド政権側と反体制派の双方が参加。米軍の一部撤収によりロシアが影響力を強める中での初会合で、和平実現に結びつくか注目される。

 起草委はロシア、トルコ、イランが主導し、設立を協議してきた。シリア和平を仲介してきた国連のペデルセン特使もこの動きに合わせ、委員会の構成などの交渉に当たった。150人の委員はアサド政権や反体制派の「シリア交渉委員会」などが選んだが、クルド人勢力は含まれなかった。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです