メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

産医大教授「逆パワハラ」で提訴 大学、准教授ら相手取り 不当処分で糾弾、うつ病に

産業医科大学=本社ヘリから加古信志撮影

 産業医科大(北九州市)医学部の50代男性教授が、大学側の不当な懲戒処分があり、それをきっかけに部下の医師らから「逆パワハラ」を受けてうつ病になったなどとして、大学や准教授ら計6人を相手取り、懲戒処分の無効確認や損害賠償計約1100万円の支払いを求めて地裁小倉支部に提訴していたことが分かった。提訴は8月30日付。

 訴状によると昨年7月、教授が大学に提出する時間外勤務の報告書で、誤って部下の残業を自分の分として出すミスがあった。教授は部下に謝罪し、1日分の残業代(3000円)も遅れずに支払われたが、別の医師が「時間外勤務を盗んでいる」などと大学側に告発。教授は「許可基準に反した兼業行為」なども併せて懲戒委員会にかけられ、同12月に減給10分の1(1カ月)の処分を受けたという。

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです