読売新聞・富山支局記者が記事コメント捏造 富山版でおわび掲載

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
読売新聞グループ本社
読売新聞グループ本社

 読売新聞は、富山県内の自治体のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)による情報発信の状況を紹介した25日朝刊富山版の記事で、富山支局の男性記者(24)が県など3自治体のコメントを捏造(ねつぞう)したとして、29日の富山版でおわびを掲載した。

 読売新聞によると、記事は各自治体のSNSによる情報発信の取り…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

注目の特集