メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元難民高等弁務官、緒方貞子さん死去、92歳

 国連難民高等弁務官として難民救援の先頭に立ち、国際協力機構(JICA)理事長として日本の政府開発援助(ODA)改革に取り組むなど国際協力分野で功績を残した緒方貞子さんが死去したことが29日、わかった。92歳。

 1927年東京生まれ。51年に聖心女子大卒業後、米ジョージタウン大で修士号、カリフォルニア大バークリー校で博士号を取得し、国際政治学者の道を歩んだ。国際基督教大講師などを務めていた68年、国際政治に対する見識や英語力を買われて国連総会の日本政府代表顧問に就任したのを機に、国連人権委員会や軍縮特別総会の日本代表を務めるなど国連関係の活動を本格化させた。

 91年、国際社会で幅広い人脈を駆使して問題に取り組む手腕が評価され、日本人では2人目の国連機関トッ…

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. かんぽ生命と日本郵便に一部業務停止命令へ 金融庁 両社の調査外で不正

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  4. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  5. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです