メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民の救援、平和構築に力を注ぐ 貫いた「現場主義」 緒方貞子さん死去

 緒方貞子さんは、国連難民高等弁務官や国際協力機構(JICA)理事長として、世界各地の難民の救援や紛争後の平和構築に力を注いだ。「現場主義」を貫き、自ら紛争地にも足を運んで解決策を考える姿勢は、国際社会から大きく称賛された。

 5・15事件(1932年)で暗殺された犬養毅首相(当時)を曽祖父に持ち、祖父、父はともに外交官。政治・外交に深く関わる一家に生まれた。幼少期から米国をはじめ海外での生活経験が豊富で、英語を身に付けるなど国際感覚を養っていった。

 難民支援のイメージが強いが、原点は国際政治学者。戦後、米国に留学して最先端の政治学の理論に触れ、満州事変における日本の政策決定過程を研究した。この論文でカリフォルニア大バークリー校から博士号を授与されている。

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです