メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「まるでパンダ」星形模様の出目金は看板金魚 老舗奈良漬け店

 奈良県宇陀市大宇陀上の老舗奈良漬け店「いせ弥」で飼っている金魚に星形の模様が出現し、地元で話題となっている。当初は黒色の出目金だったが、半年ほど前から体の一部が少しずつオレンジ色に変色し、10月になって黒い星形模様が浮かび上がるように。店主の清水誠さん(53)は「店の看板金魚として、客を呼び込んでくれたら」と期待する。

 清水さんの店では先代から店内に水槽を設置しており、現在飼っているのは5匹。出目金はそのうちの1匹で、3年前に全国的な金魚の産地、同県大和郡山市で購入したという。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです