外泊許可や下着の色指定は人権侵害 岐阜県立高の校則見直しへ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岐阜県庁=鮫島弘樹撮影
岐阜県庁=鮫島弘樹撮影

 岐阜県の県立高校が、外泊の学校許可や下着の色指定などの「校則」を見直した。市民団体から「生徒の人権を侵害している」と批判を受け、県教育委員会が各校に見直しを求めた。

 市民団体「子どもの人権ネットワーク・岐阜」(代表・河合良房弁護士)が昨年7月に指摘。下着の色指定や外泊・旅行許可、学校外での集会参加・団体加入への許可、政治活動への許可などに関…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

あわせて読みたい

ニュース特集