優勝は19歳常松さん「偏見残る社会を変えたい」 全国盲学校弁論大会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第88回全国盲学校弁論大会全国大会(主催・全国盲学校長会、毎日新聞社点字毎日、毎日新聞東京・大阪・西部社会事業団、特別協賛・住友グループ広報委員会、公文教育研究会)が4日、東京都文京区の都立文京盲学校であった。全国7地区の予選を勝ち抜いた9人が、自らの体験や将来の目標について熱弁をふるった。「シロウサギ」と題し弁論した福島県立視覚支援学校高等部保健理療科1年で弱視の常松桜さん(19)が優勝した。常松さんには、文部科学大臣優勝旗や点字毎日杯などが贈られた。【山縣章子】

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文744文字)

あわせて読みたい

注目の特集