メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ごみ」より「ゴミ」を支持 公用文の使用単語人気なく 国語世論調査

文化庁=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影

 行政文書などの公用文で使われている「ごみ」という表記よりも「ゴミ」の方がなじみがある――。2018年度の「国語に関する世論調査」で、公用文で使われる六つの単語表記について聞いたところ、五つで別の表記を“支持”するという結果が出た。

 調査では、「ごみ」のほか「又は」「できる」「けが」「田植」「踏切」という公用文で使われる表現と別の書き方をそれぞれ比べ、どちらがよいと思うか聞いた。

 “支持率”は、「ごみ」20・8%▽「又は」28・2%▽「できる」38・6%▽「けが」32・2%▽「田植」17・7%――と軒並み低かった。それぞれ「ゴミ」73・0%▽「または」65・0%▽「出来る」56・0%▽「ケガ」61・2%▽「田植え」77・9%。「踏切」だけは60・4%が公用文の表記を「よい」と答え、「踏み切り」は35・2%だった。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです