メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多湾周辺に冬の渡り鳥、クロツラヘラサギ

今津干潟から飛び立つクロツラヘラサギ=福岡市西区で2019年10月28日、須賀川理撮影

 福岡市の博多湾周辺で朝鮮半島などから渡ってきた冬の渡り鳥、クロツラヘラサギが姿を見せている。西区の今津干潟では近縁種のヘラサギ数羽を含む20羽ほどの群れが木の上で羽を休めたり、干潟に降りて餌の魚などをとったりする様子が確認できた。

 トキ科で先端がへらのように丸いクチバシと、黒い顔が特徴。生息する東…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  3. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 兵庫ボーガン事件 同級生「容疑者は明るく優しい子」 矢が刺さった女性に現場騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです