メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画家とクラブのDJ ほとんど体を動かせない難病兄弟がエンターテイナー

「CANVAS」でDJを務めるライスチョウ・ノア・ピンアンさん=京都市左京区のクラブ「METRO」で2019年7月14日午後9時54分、金志尚撮影

 全身の筋力が極度に低下する遺伝性の難病を患う京都市在住の兄弟が、漫画家とクラブのDJとして共演し、創作活動に励んでいる。電動車椅子に乗り、人工呼吸器も手放せない中、仲間の支援を受けて、わずかに動く手で兄は筆を持ち、弟は音響機材のつまみを動かす。「障害があればできることが少ないと思われがちだが、大きなことができることを証明したい」。ともにエンターテイナーとして高みを目指す。

 漫画家のライスチョウ・ジョナ・シェンさん(26)とDJのノア・ピンアンさん(24)=いずれも米国籍。

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです