漫画家とクラブのDJ ほとんど体を動かせない難病兄弟がエンターテイナー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「CANVAS」でDJを務めるライスチョウ・ノア・ピンアンさん=京都市左京区のクラブ「METRO」で2019年7月14日午後9時54分、金志尚撮影
「CANVAS」でDJを務めるライスチョウ・ノア・ピンアンさん=京都市左京区のクラブ「METRO」で2019年7月14日午後9時54分、金志尚撮影

 全身の筋力が極度に低下する遺伝性の難病を患う京都市在住の兄弟が、漫画家とクラブのDJとして共演し、創作活動に励んでいる。電動車椅子に乗り、人工呼吸器も手放せない中、仲間の支援を受けて、わずかに動く手で兄は筆を持ち、弟は音響機材のつまみを動かす。「障害があればできることが少ないと思われがちだが、大きなことができることを証明したい」。ともにエンターテイナーとして高みを目指す。

 漫画家のライスチョウ・ジョナ・シェンさん(26)とDJのノア・ピンアンさん(24)=いずれも米国籍。

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1580文字)

あわせて読みたい

ニュース特集