特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

トヨタに新たな柱 150キロ超え、毎回の13奪三振で社会人初完封

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【マツゲン箕島-トヨタ自動車】一回表を無失点に抑え、声を上げるトヨタ自動車の先発・栗林=京セラドーム大阪で2019年10月29日、北村隆夫撮影
【マツゲン箕島-トヨタ自動車】一回表を無失点に抑え、声を上げるトヨタ自動車の先発・栗林=京セラドーム大阪で2019年10月29日、北村隆夫撮影

社会人野球日本選手権 ▽1回戦 ○トヨタ自動車1―0マツゲン箕島●=29日・京セラドーム大阪

栗林良吏(りょうじ)投手=トヨタ自動車・23歳

 一回、2安打を許し、1死一、二塁とされた。それまでは少し抑え気味に投げていたが、「1点もやれない」とスイッチが入った。4番・岸を高めの150キロ直球で空振り三振に仕留め、続く小邨(こむら)は内角高めの151キロを振らせて3アウト。「ヨッシャー」…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする