メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筒香と秋山、東京五輪出場は微妙 「侍ジャパン」にとっては痛手か

記者会見で、海外FA権の行使を表明する西武の秋山翔吾=那覇市内で2019年10月29日午後4時31分、細谷拓海撮影

 筒香と秋山が移籍を目指す米大リーグはこれまで、五輪への選手派遣に消極的だった。米球界挑戦が実現すれば、日本屈指の外野手2人の2020年東京五輪出場は厳しくなり、金メダル獲得を目指す日本代表「侍ジャパン」にとっては痛手となりそうだ。

 秋山は国際試合の経験が豊富で、稲葉監督の信頼が厚い。11月開催の国際大会「プレミア12」でも主力として期待される。筒香も17年ワールド・ベースボール・ク…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです