メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『天才たちの日課 女性編』メイソン・カリー/著

◆『天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常』メイソン・カリー/著 金原瑞人、石田文子/訳(フィルムアート社/税別1800円)

 のっけから「天才」といわれると、ああ、自分とは縁のない話かと思ってしまうけれど、表紙に小さくあしらわれた原題は「DAILY RITUALS Women at Work」といたってプレーンなものだったので一安心。そう、あなたも私も、働く女だというところは一緒だよね。

 小説家、画家、彫刻家、歌い手などなど、143人ぶんの、創作に集中するためのルーティンを集めた本である。起きる時間や着る服、そして食べもの飲みものについての、その人ごとの決めごとがずらりと並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです