メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 バンコクを車で移動中、多くの人が手にマリーゴールドの花束を持っているのを見た。仕事帰りに寺に花を供えに行くのだという。寺の近くには花市場もあり、道路の両側にぎっしりと花屋が並ぶ。タイでは多くの人が出家の経験もする。日本人の卒業生の中にも、出家した人がいた。しかしそれは僧侶になることではなく、人生の一時期に僧の体験をすることなのだ。それだけ信仰が深い。

 ふと気になって、通訳の人に「おたくに仏壇がありますか?」と質問した。あるという。3段になっていて、…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです