連載

北海道の現場から

北海道内の「ひと」「現場」にこだわった深掘り企画です。

連載一覧

北海道の現場から

ヒグマを追う/下 理解し合える道を 人間の映し鏡、柔軟な防除策重要 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヒグマが出没した周辺の森林で調査する間野勉さん=札幌市南区で、竹内幹撮影
ヒグマが出没した周辺の森林で調査する間野勉さん=札幌市南区で、竹内幹撮影

 ヒグマの生態と保護管理を研究する道立総合研究機構環境科学研究センターの間野勉さん(59)は1979年、実家の東京を離れて北海道大学に入学。都会育ちの反動で自然や動物に興味を持ち、目をつけたのが道内にだけ生息するヒグマだった。国内の大学で唯一研究しているサークル「ヒグマ研究グループ」に入り、調査に必要な体力や判断力、調査方法の基礎を身につけた。

 道内の森林に何度も足を運ぶようになり、生態を解明する生息状況などのデータの少なさとともに痛感したのが、研究やヒグマとの共存は人間の地域社会と密接に関係していることだった。

この記事は有料記事です。

残り1475文字(全文1734文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集