メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かたやき作り伝授 「むかしあそびの会」の24人 桔梗が丘小 /三重

住民ボランティアが作った道具でかたやきの生地を伸ばす児童(中央)=名張市桔梗が丘3で、久木田照子撮影

 名張市立桔梗が丘小学校(510人、鳩山太志校長)で29日、桔梗が丘地区の住民ボランティア「むかしあそびの会」の会員らが、伊賀地域の伝統菓子「かたやき」作りを児童に教える授業があった。会員がかたやき店で作り方を学んで、焼く際に生地を押す道具も準備し、児童を喜ばせた。

 授業では70代前後の会員24人が同校1…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです