幻聴と向き合い創作活動 てんかん性精神障害・下坂さんアート展 中央区「ジジ」で来月1日から /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

「同様な症状ある人の励みに」

 てんかん性精神障害を患い、聞こえる幻聴を生かして創作活動する下坂卓也さん(33)=大野城市=の個展が、中央区清川1の「カフェアンドバーgigi(ジジ)」で11月1日から始まる。つらい幻聴に悩まされた経験がある下坂さんは「同じような症状がある人の励みになれば」と話す。12月15日まで。【山崎あずさ】

 下坂さんは中学2年の時に脳浮腫で倒れ、服薬しながら高校に通った。手先が器用で、造形が得意だったことから九州産業大芸術学部に進学。卒業後は熊本の空調会社に就職したが、職場で発作を起こして2017年に退職を余儀なくされた。病院でてんかんに伴う精神障害があると言われ、入院。退院した後も追い詰められるような幻聴が強く残った。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文786文字)

あわせて読みたい

ニュース特集