メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真館 1部昇格、この手で 女子ソフト・タカギ北九州 /九州

「九州初の1部チームへ」。シーズン終盤のリーグ戦で「結束力」と書かれた横断幕をベンチに掲げ、試合に臨む選手たち=北九州市若松区で2019年10月12日、上入来尚撮影

 女子ソフトボールの日本リーグに九州で唯一加盟するタカギ北九州(2部)が悲願の1部昇格を目標に、日々練習に励んでいる。2020年東京五輪で12年ぶりに五輪競技に復活して注目が集まる中、チーム一丸となって上の舞台を目指す。

 10月13日、タカギは地元の北九州市若松区で今季最終戦を戦っていた。「ピッチャー、いい球いってるよ。自信持って!」。外野から大きな声が飛ぶ。ベンチには「結束力 今、心をひとつに」のスローガン。社員らの声援を受け、厚木SCに4―3で勝利した。

 1969年、東芝北九州として発足。工場閉鎖に伴い廃部が決まっていた2012年、2部で初優勝を果たしたが決定は覆ることなく解散した。歴史あるチームを存続させたいとクラブチーム「CLUB北九州」に形を変えた後、17年に浄水器メーカーのタカギが迎え入れて新たなスタートを切った。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. C.W.ニコルさん死去 作家・ナチュラリスト 79歳

  5. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです