メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外豪雨の死者18人に 熊本県発表 心肺停止16人、行方不明14人
焦点

英、12月総選挙へ EU離脱、首相正念場 実施時期、駆け引き

総選挙の動議を巡る審議で発言するジョンソン英首相=ロンドンの英下院で28日、AP

 英国の欧州連合(EU)からの離脱期限(今月31日)が来年1月31日まで延期された。新たな期限までは3カ月。ジョンソン英首相は解散総選挙で行き詰まりを打開し、今度こそ離脱実現を果たしたい考えだ。総選挙実施自体には最大野党・労働党も賛同する方針で、12月にも総選挙が行われる可能性が高い。だが、野党側はジョンソン氏主導での実施を嫌い、英議会で選挙時期を巡る駆け引きが行われている。総選挙が実現しても、ジョンソン氏が安定多数を確保できる保証はなく、かえって混迷を深める恐れもある。

 「今週離脱するとのジョンソン氏の公約は今日、野垂れ死んだ」。英夕刊紙イブニング・スタンダードは28日、EUがこの日午前の大使級会合で離脱期限の延期方針を決めたとの記事を、こう書き出した。ジョンソン氏が以前、離脱延期をEUに要請するぐらいなら「野垂れ死にした方がましだ」と語っていたことを皮肉ったのだ。

この記事は有料記事です。

残り1700文字(全文2089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 新システム稼働したのに…都内なおファクス報告 コロナ感染、進まぬ情報共有

  4. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです