メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露、シリア和平仲介意欲 憲法起草委初会合へ

シリアとトルコの国境付近をパトロールするロシア軍=シリア北部で25日、AP

 シリア内戦の終結を目指して新憲法を起草し、選挙の実施を目指す「シリア憲法起草委員会」が30日、スイスのジュネーブで開かれる。シリア北部でトルコがクルド人勢力を攻撃し停戦が成立するなど情勢が急転する中、起草委にはアサド政権側と反体制派の双方が参加。米軍の一部撤収によりロシアが影響力を強める中での初会合で、和平実現に結びつくか注目される。【モスクワ大前仁】

 起草委はロシア、トルコ、イランが主導し、設立を協議してきた。シリア和平を仲介してきた国連のペデルセン特使もこの動きに合わせ、委員会の構成などの交渉に当たった。150人の委員はアサド政権や反体制派の「シリア交渉委員会」などが選んだが、クルド人勢力は含まれなかった。

この記事は有料記事です。

残り1559文字(全文1869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです