メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

優生社会を問う

新たな命を選ぶ/5止 変わらぬ偏見と無理解

 出生前診断の急速なビジネス化や利用の拡大に、障害のある当事者や支援団体が危機感を強めている。「本人や家族が不幸」と決め付けられたり、「育児に多額の費用がかかる」と誤解されたりすることの解消に向け、多様な家族の姿を伝えたり、福祉や経済支援の制度を紹介したりと取り組みを広げてきた。それでも「医療者の偏見は変わらず、社会の理解も足りない」と苦悩している。【千葉紀和、上東麻子】

この記事は有料記事です。

残り2361文字(全文2548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです