特集

優生社会を問う

「優生」は終わっていない――。障害者や性的少数者などへの差別は今も続いています。あらゆる生を肯定する社会への道筋を探ります。

特集一覧

優生社会を問う

新たな命を選ぶ/5止 変わらぬ偏見と無理解

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 出生前診断の急速なビジネス化や利用の拡大に、障害のある当事者や支援団体が危機感を強めている。「本人や家族が不幸」と決め付けられたり、「育児に多額の費用がかかる」と誤解されたりすることの解消に向け、多様な家族の姿を伝えたり、福祉や経済支援の制度を紹介したりと取り組みを広げてきた。それでも「医療者の偏見は変わらず、社会の理解も足りない」と苦悩している。【千葉紀和、上東麻子】

この記事は有料記事です。

残り2361文字(全文2548文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集