メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

パラリンピック300日前 困難克服にやりがい 前回ラオスから唯一出場、ピア選手

パワーリフティングの東京パラリンピック・テスト大会で銀メダルに輝いたピア・ラオパックディー選手

 日本のNPO法人の支援を受けて、東南アジアの最貧国の一つ、ラオスから東京パラリンピックを目指している選手がいる。昨年のアジア・パラ大会のパワーリフティング男子49キロ級で優勝したピア・ラオパックディー選手(29)だ。「メダルを取れるかどうかは分からない。でも一生懸命やることで、ラオスの障害のある人たちに『自分もできる』と思ってほしい」と願いながら、世界の強豪に挑もうとしている。

 パワーリフティングは下肢に障害のある選手が台上にあおむけになった状態からバーベルを押し上げる競技。本番会場の東京国際フォーラムで9月下旬に開かれた東京パラリンピックのテスト大会で132キロを上げて銀メダルを手にしたピア選手は「東京大会に向けてモチベーションになる」と目を赤くした。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 「いっそ営業禁止と言ってほしい」人影途絶えた歌舞伎町 風俗業界も深刻

  3. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです