メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 災害時のケア 環境変化に戸惑う人に対応を=白十字訪問介護ステーション統括所長・秋山正子

 次々と台風に見舞われた日本列島。大切な方を亡くされた方々、いまだに避難所にいらっしゃる方々に心からのお見舞いを申し上げる。被災地が寒さに向かっている中、健康面の2次災害が及ばないかと心配が尽きない。

 東日本大震災の時、看護師として支援に入った後輩から聞いた話を思い出した。

 避難所でトイレの場所が分からず、昼夜問わずに何度も周りに聞く軽度の認知症の高齢者がいた。その方をトイレに案内し、その後、戻って話を聞いていたら、とても落ち着いて眠りだしたという。

 後輩の任務は看護師としての救護ボランティアだったので、その方が落ち着くまでゆっくり話を聞くことがな…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです