メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アーモンドアイ2着 史上初8冠逃す 安田記念

排外主義的団体が愛知で「日本人のための芸術祭」 大村知事「明確にヘイト」

大村秀章・愛知県知事

 愛知県女性総合センター「ウィルあいち」(名古屋市東区)で10月27日、排外主義的な政策を掲げる団体が「日本人のための芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」とするイベントを開催した。イベントでは「犯罪はいつも朝鮮人」と記したカルタ札などが展示された。大村秀章知事は29日の記者会見で「内容からして明確にヘイトにあたる」とし、展示内容を当日把握しながら中止させなかった県の判断を「不適切だった」と認めた。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

 イベントは、在日コリアンらへのヘイトスピーチを繰り返してきた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長が党首を務める「日本第一党」が開催。党の公式ホームページでは「あいちトリエンナーレ2019でも議論となった表現の自由につきまして、改めて私共から問題提起を致し皆様に考えて頂きたい」と呼びかけていた。当日は党首の講演や愛知県の大村秀章知事を皮肉った作品などを展示。展示物の中に、「リンチは鮮人の伝統行事」「犯罪はいつも朝鮮人」と、在日コリアンなど特定の民族や国籍の人々への差別的表現を記したカルタ札があった。

 ウィルあいちによると、今回は「日本第一党愛知県本部」名で利用申請があり、利用目的は「展示や講演会」と記されていた。団体への事前ヒアリングでは、ヘイトスピーチを行わないことを確認していたという。ウィルあいちを所管する県男女共同参画推進課の森岡士郎課長によると、当日、県職員らが現場の展示内容を視察しカルタの内容も確認していたというが、「カルタは全体展示の一つであり、全体として見たときにその段階ではヘ…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 ブス、ばか…はるかぜちゃんが受け続けてきた悪意 選んだのは「訴訟」

  3. 「アベノマスク」どう使う? 宮城の配布率20~30%「宣言解除後に届いても…」

  4. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです